r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

03月01日

(日曜日)

『チェンジリング』

面白かったですけど、そんなによくない。繰り返し観賞には堪えない。
アンジーってそんな好きじゃないしあんまり出てる映画観てないんですが、こんなか弱い感じのアンジーは初めて。口を開けるエロいキスシーンもないし。
権力に屈せず信念を曲げない頑張ってる人に力強い味方がくっつき、最終的に報われないとしてもそこそこの真相に辿り着くお話。こういう真面目っぽい映画だと、権力側や悪い人間に魅力を求めてしまうんですが、あんまり悪くないのが残念。もっと極悪人にして欲しい。といってもちょいちょい声出して笑っちゃうところがありました。偽子供との再会シーンで警部さんが言う「とりあえずいいじゃん」的なセリフは超面白かったす。
あと終盤、明日刑が執行される死刑囚とのやり取りがヘン。自分の子供が生きてるかもという希望を持ってるんならあの「地獄に堕ちろ」というセリフはおかしい。さらにその後、泣きくずれてるし。「強い母親っぷりに心が揺さぶられる」なんて評が多いみたいですが、ちっとも強くないと思う。JOJO6部は超強いので皆読めばいいと思う。
最近の実際の事件でもそうだけど、死刑沙汰事件の被害者側にホント感情移入ができないので、その辺をがっちり描いてる映画があったら誰か教えてください。

『激情版エリートヤンキー三郎』も観た。中盤以降かなり寝ちゃった。CG使いすぎで全然のれなかった。TVドラマでやってるのがちょうどいいんだと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。