r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

02月14日

(水曜日)

4.唇カタパルト

4曲目「唇カタパルト」

ライブではクラシック化しているイーライ「Nightlife」のビートを使い、エグさ極まりないステージングを繰り広げる、あの曲です。

この世に潜む神秘を知覚するのは日常茶飯事のこと。そして悲痛と流浪にみまわれ暗黒面にも目を向ける。それはたちまちにして世界を破滅させ、いまあるがままの宇宙そのものを脅かす。こうしたことにつらつら思いをはせるのは紛れもなく病的なことだとはいえ、犀利な判断力と深いユーモア感覚によりうまく補われる。と、ラヴクラフト風に排泄完了。

なんにしてもCandle真骨頂!テクニカルシニカルなラップに乗る大量の"猥褻言語"を聴き手が拒否すればするほど、拒否されたものが迫真性をもって襲いかかるであろうろうろうろう(残響音含む) 。

ビートはVector Omega!「Nightlife」が明るい雰囲気でしたが、こちらはシニカル度を増幅させます。なんかトイレ行きたくなるかも。

◇饒舌度:100% ◇属性:chaos/dark

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

トラックバックURL

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。