r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2009年

01月25日

(日曜日)

『永遠のこどもたち』

大量に届いたDVDを尻目に(石井輝男版『地獄』だけ消化)、あまり観る気なかったけど有楽町で観た。
評判よさげで、公開から随分経ったけど客いっぱい。
で、映画は観てるのがかなり苦痛でした。感情移入できないキャラばかり(主人公の子供が可愛く見えないのは大問題)、プロットも『デビルズ・バックボーン』と『パンズ・ラビリンス』を薄く混ぜた感じ。薄いんで画的な見所も大してない。ムダカットが多く(建物外観とか)、心臓に悪いビックリシーンもダレる。そして"感動のラスト"とパンフにあったけど『パンズ~』のまんまパクリでズル過ぎる!ラストの子供達は可愛過ぎるぞ!
『パンズ~』は最悪のバッドエンドだと思うんですが、こちらはハッピーエンドでいいんじゃないすかね。好きでやってて「これ以上何が望みなの!?」とかいうヤツは大嫌いだ。残された旦那もあんなキチガイ風な妻はお荷物でしょう。旦那の新しいスタートに希望を感じさせます。とにかく『つぐない』的ダメ大人の自己完結。大人は汚い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア