r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2008年

11月30日

(日曜日)

(生)林檎博’08

8月のフェスに続き、もうライブ@さいたまスーパーアリーナ。
好きな曲からそうでもない曲までいっぱい演りました。
アリーナなんでアリーナ席で観れました(結構前)。

以下ネタバレ感想


なんかわざと客を突き放したセットリストにしているようでニヤケました。売れた曲を全然盛り上がらない"ハツコイ娼女 "の後にサラッと演っちゃうとことか。MCタイムほとんどないし、丸サを演らないのはエライ。全体的に予想外なバランス滅茶苦茶っぷりで楽しかったです("夢のあと"→"積木遊び"→"御祭騒ぎ"なんてスゴイ...)。
「僕らの音楽」の時の"ギャンブル"で超打ちのめされたけど、この日のヤツはダメだった。衣装がダメだった。頭に付けてる蜘蛛の巣&トナカイみたいのがダメだった。もうギャグみたい。あ、あのツノは「軽率だね」っぷりを表しているのかもしれない。
一番アガった"浴室"から"錯乱"の流れ、"錯乱"は和訳がスクリーンに出てた。「空を仰いでも雨を乞うな」は大好き。"この世の限り"も素晴らしかったけど、続けて兄貴と演った誰かのカバー曲は完全に蛇足。あ、曲の余韻に浸らせない作戦なのかもしれない。
ということで、椎名林檎 × 斎藤ネコで『さくらん』平成風俗な感じです。どうせなら"パパイヤマンゴー"か"迷彩"が欲しかった。あと折角ビデオ作った"メロウ"もなかった。
最後の披露した新曲はゴージャス&元気いっぱいな雰囲気。気持ちよさげでした。

最近ライブにエンドロールはつき物なんでしょうかね?益々アンコールの意味がない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア