r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2008年

11月29日

(土曜日)

無間地獄

『1408号室』をシネコンで観た。千円だった。
神も幽霊も信じないちょっと暗い過去のある怪奇スポット・ライターが”ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム@ジョジョ5部”のスタンド攻撃を喰らって、エライ目に逢い続ける物凄い映画でした。
結局、『BUG』でも出てきた主人公の頭の中の話で「記憶のパズル」だと思うんですが、『BUG』が客観的にぶっ飛んだでたらめ共依存で壊れていく様を素晴らしいセリフと演技で描いていたのに対し、こちらはちゃんと怒濤の映像で打ちのめしてくるのでお化け屋敷的な怖さがよかったです。
そして主人公がジョジョのディアボロと違う。ちゃんと最後まで無間地獄と戦う。で、ラストがすごくいいんです。大満足。
あと、くどい爆音カーペンターズに超笑いました。何か日本人にはわかんない文化的伏線があるんですかね?

映画とは関係ないけど最近ちょいちょい目にする「心が折れる」という表現はやたら大げさでサムくてシラける。折れたヤツはしばらく鬱病になるんだろうな?あと「おまえのネイルアートは爪先が腐ってるみたいで悪趣味だ!」と本当に腐って見える人に言ってみたい。あと暖房ガンガンの電車でダウンジャケットにマフラー巻いてる太っちょさんの鈍感メカニズムを、誰か解明して新書にしてください。『鈍感力』という本にそのへん書いてありますか?

081128.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア