r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

09月20日

(土曜日)

『ウォンテッド』×『おろち』

『ウォンテッド』は予告篇どおりの良いボンクラ映画でした。あのリアルさとありえなさのハラハラ感はジョジョの世界観に似てて面白かったです(ギャグもいっぱい)。

『おろち』は今月から通勤で使っている東横線渋谷駅がおろちの赤青緑の超鮮やかなポスターで埋まっていて、全然原作知らないのにまんまと乗せられ観ました。
内容は原作者の楳図かずおがノリノリで舞台挨拶に登場するくらいすごいデキなんだと思います。でもフリークス化したおかんが一瞬しか映らないのはダメだと思う(原作しらないけど)。もっと捕まえたネズミの躍り食いとか、女優時代を懐かしんでヒドイ姿で演技する哀れなシーンなんかがあったら、より奇形になる恐怖が伝わると思うんですが、邦画は強烈かつ品のないショック・シーンを撮る気が全然ないくさいのでしょうがないんですかね(原作知らないけど)。
おろち前に流れた『レッドクリフ』の予告篇はとても素晴らしかったー!

金曜に『放送禁止[劇場版]』のトークショーに行ったけど、映画の内容に触れる発言はあんまりなかったっす。でも監督が「サブタイトルにもある"復讐執行人"が本当は誰なのか考えてみなさいよ」的なことを言っていて、それが聞けただけでもよかったっす。細かい事はおいといて、あの一連の事件で一番の被害者(苦しんだ人)が答え。
5回観たんだけど、もう謎解きは飽きた。古茂田が復讐されるシーケンスが一番アガる。ヒドイ姿になったカットが入れば尚よかったのに。
あと『5』のしじんの人が偶然観に来てて、撮影秘話みたいのも聞けました。

知らない間に個人的大傑作『蛇男』のDVDが出てたー。こちらも最高に楽しいイジメ・リベンジ映画。ボンドガールがモロ脱ぎしてます。
蛇男 THE SNAKE蛇男 THE SNAKE
(2008/08/29)
イヴァン・アタルクロヴィス・コルニアック

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。