r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

09月18日

(木曜日)

『フロンティア』×『食人族』

昨日シアターNがサービスデーだったので2本観ましたー

『フロンティア』はこの手の映画にしてはムダに長く(108分)、それが仇になってると思います。すげー楽しい「イエー!」な場面もいっぱいるんだけど残念ながら間延びしててリズムが悪い。折角のゴアゴアシーンの爽快感も半減です。80分くらいにして欲しかったっす。
あとキャラが弱い。ナチのジジイももっと使いようがあるはずなのに勿体ない。でもせむしのやさしい女の子はとてもよかったです(クソ長いワイヤーカッターは優しすぎ!)。
ラストの方のショーシャンクっぽい画は笑えました。もろですね。
DVD出たらMAD用素材として大活躍しそうな映画です。
同じフランス・スプラッタの『ハイテンション』はやっぱり奇跡のデキだったんだなー、と思いました(オチも含めて)。『屋敷女』も繰り返し観れる感じじゃなかったし。

『食人族』は超大入り。内容は何も言うことありません!小学校の教材に是非!
すでにゲトった、てんこ盛りDVDには特典として動物虐待シーンをカットしちゃった"動物愛誤者バーション"も入ってる親切さ。むしろ愛誤者への嫌味。

いまさらだけど、邦画予告篇の厚かましいというか押しつけがましい主題歌は本当に腹が立つ。全部歌い上げ系なんすよね。このワンパターンさはなんなんすかねー??そして全く観たくならない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。