r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2008年

09月06日

(土曜日)

被害者意識に火をつけろ

『放送禁止[劇場版]』の前夜祭に行って来ました。トークショー&TV版過去放送分1~6まで一気に観せるという拷問に近い内容なのでスカスカかと思ったら、意外にも7割くらい入っててビックリ。大人気です!
トークショーは監督とフジのプロデューサに『呪怨』の清水監督、『童貞。をプロデュース』の松江監督。進行役の人がバッチリ仕切っててかなりよかったです。
なので、受け取ったメッセージ&(勝手な)解釈を記憶にアクセスできるうちにちょっと書いてみます。間違いも有ると思います。

・UFOモノのモキュメンタリー企画が発端で『1』が生まれた。
・『1』はエイプリルフールに合わせて放送した。
・ゲリラ放送は狙ってやっている。
・タイトルは『放送禁止 THE MOVIE』『上映禁止』の候補があった。
・『劇場版』は通常放送版5つ分くらいのネタを仕込んでいる。集大成的なもの。
・『2』の舞台になってる家は『呪怨』の家と一緒。
・『2』は企画から放送まで2週間で仕上げた(撮影3日)。
・『1』のUFO映像はフェイクではない。
・『2』の心霊写真もフェイクではない(現在行方不明)。
・人物のネーミングは身内のものが多い。
・毎回視聴率2%くらいなのに、クレーム数は1回につき300件以上。
・放送日の翌日はフジTVのHP内アクセスランキングが4位とかになる。
・『2』『3』を観たフジTVの役員が大絶賛。でもゴールデンでやれる内容にしろと言われた。
・で、ゴールデンは絶対無理なので『劇場版』にしてみた。
・ゴールデンが無理な理由は、見る目のない視聴者からわんさかクレームがくるから。
・福田首相の緊急記者会見時はUFO襲来かと思った。
・フェイクドキュメンタリーの市民権を得て、今後も続けたい。
・今ついてるファンをさらに欺きたい。
など

放送禁止はあるネガティブなテーマ(ストーカー、自殺、いじめ、DVとか)を追うドキュメンタリーのTEIで、ものすごい悪ふざけをし、視聴者に人間の悪意をぶん投げ、最終的にとてもイヤな気持ちにさせるという素晴らしい番組です。
放送禁止扱いのVTRを放送しちゃてるという矛盾に気付かず、善意に溢れた神様みたいな人たちは局にクレームを入れてしまうので大変です(そしてその貴重なご意見が活きる日はきっと来ないのだ!)。
松江監督も申していたけど、メディア・リテラシー力の向上に役立つ、大変良い影響を与える番組になりえるので今後もさらに底の見えないグチャグチャな悪意を見せつけて欲しいっす。
1~6をぶっ通しで観たのはもちろん初めてでしたが、結構いけた(『5』のハニコが喚いてるとこらへんで少し寝た)。
一番怖いのは『3』のストーカー地獄で、見所のひとつである映像の隠しネタ的には貧相だけど、ラストの女の戦慄きっぷりに同調してしまう。マジ怖い。かつての自分の悪意がものスゴイ量で返される恐怖。あれはシリーズ1の演技だと思います。
でも『6』は今回の『劇場版』で奥行きがグッと増しそうなので、怖さも倍増するかもっす。もうどうなっちゃうんだろ?超期待!
houkin.jpg
↑これがいきなり部屋に入ってくる恐怖!


ケータイ小説の「不幸自慢のインフレスパイラル」がリアルと感じれる人は、エグイ部分がバッチリ映像として見れちゃうので、とても危険なハマリ方をするのかもしれないです(余計なお世話)。
ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たちケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち
(2008/06/09)
速水健朗

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア