r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2008年

08月15日

(金曜日)

ダークナイト(2回目)

2回観て、だめなところが際だった。
だめ過ぎて笑っちゃうシーンがいっぱいです。
ジョーカー登場シーン以外は薄目でぼんやり観たほうがいい映画なのかも。

以下ネタバレたくさん。



ジョーカー先生の楽しいゲーム

1.ダメ市長(カマっぽい)を守れ!
→正義の刑事ゴードンが市長をすんでのところでかばって救出するもゴードン死亡。でも実は生きてました。しっかり家族も騙された!大人はみんなウソつきで大嫌い!

2.バットマンの素顔を明かせ!
→市民の英雄的存在のハービーが代役で捕まる(ウソをつく)。しかし即行で本物バットマンが登場しすべて台無し。いきなりジョーカー先生が捕まるかよ!何がしたいの?ウソを突き通せないバカ共にはジョーカー先生がバズーカでお仕置きだ!

3.元カノとヒーローかつ良き理解者ハービーが罠にはまって、それぞれ監禁で大変!さぁバットマンはどちらを救出しに行く?
→即答で元カノ(現ハービーの彼女)をチョイス!でも実際はてれこで残念賞!元カノあっさり死亡!ハービーもヒドイ目に遭う。

4.一般市民の命と囚人の命、さっさと爆破スイッチ押しちゃいなYO
→ジョーカー先生に言われるがまま乗せられてフェリーで逃げる市民と囚人達。お互いの船を爆破させるスイッチでどちらか片方生き残れるゲームスタート。一般人は好き勝手アホなこと言い合った上結局多数決で囚人を殺す事に決定!でもあれだけ殺せ殺せ行ってたのにでも誰もボタンを押す勇気なし。一方囚人組は大した混乱もなく、一人のカッコつけ囚人がスイッチを船外へ棄てる。く、くさい...

ラストは彼女を殺され復讐の鬼と化したハービーのことをみんなに隠蔽し、バットマンがその罪を被って一件落着で終わるんですが、結局どいつもこいつも欺いてばっかじゃねーか。それじゃダメな街にもなるよ。悪者を捕まえるためならウソつきまくりでも結果オーライなら問題なしなノリ(でも結果NG続き)。
バットマンはボコ殴り大好き超暴力的、善かれとやったことが裏目に出て勝手に悩んでるクソ弱いヤツだし、周り連中も自分の事が可愛い大人が多い。何より一般人がだめ過ぎ。夢も希望もない扇動されまくりの下劣なおバカしか出てこない。知らぬが仏。一般人はバカだからばれないのだ。そんなバカ守る価値なし。
あといろんな意味で許せないのが死んだレイチェルの手紙のくだり。内容もだめだけど、執事が勝手にそのバットマンに宛てた手紙燃やしちゃう。あんた全然だめだよ。何やってんだよ。
ということで数々の逆境や困難をはね返し、暴力にも微塵も屈せず、バットマン以上に知恵も度胸もあり、何よりお金に執着してないお茶目でクールなジョーカー先生が一番純粋でヒーローっぽいのはあきらかなんです。この映画は[R-18]でお願いします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア