r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

06月20日

(金曜日)

JUNO

ju1z.jpg

高校生が望まない妊娠、しかし頼りにならない男...そんなのタウン誌の養子縁組コーナーで軽く解決してやるぜ。という日本では悲劇のヒロイン&村八分な扱いになっちゃいそうなあらすじだけど、主人公ジュノは徐倫@6部並のタフさとお笑いセンス(日本では煙たがられるタイプ)でラストまで生長しながら突き進む痛快青春映画でした。
セリフがいちいちカッコイイのもジョジョっぽいし、主要登場人物みんなが前を向いているのも通じる(みんないい人)。いっぱいかかる音楽も好い(ラストの美しさはベホあれえねんだズン)。H.G.ルイスの「血の魔術師」もかかる。人が死ななくてもスゴイ映画を久しぶりに観ました。
ファンタジーと言えなくもないけど、一見重そうなテーマでファンタジーやって何が悪いッ!
この映画観て不道徳だと怒りだすような人は、こうあるべきだと理論理性を冷静にならべるだけならべ、人に押しつけたあげく、実際に自分がそのケースにぶち当たった時、それを微塵も実践できないみんなに守られたがる没個性で善良なマジョリティなんだと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。