r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

06月17日

(火曜日)

インフラ

婆さんの葬式がありました。
通夜→火葬場→告別式のプロセスも5度目となると人の顔を伺ったりしないで、自分に集中できる。死って寂しいけど、悲しむもんじゃないと今のとこ思います。身内が殺されたり、事故ったり、天災に遭ったりで死なれた経験はないですが、そのときはどう思うかなぁ。おそらく同情は湧かないと思うんですよねー。逆にされたくないし。「よい旅を!」

秋葉原の事件に、幼女誘拐殺害の恐ろしく早い死刑執行、映画『休暇』のコンボでベホショックズンです。最近レクターやシガー並にクソ恐ろしい鳩山法相はベホあれえねんだ・・・ズン・・・(法相ったら愛犬が死んだときは「ただひたすら悲しく、涙が出過ぎて涸れてしまった」そうですよ)
「凶悪犯罪はとりあえず死刑執行で一件落着」感がプンプン臭う。赤の他人の悲しみに同調して気安く極刑を世間(クソ狭い)が叫ぶ風潮が何より恐ろしいと思うんですけど、そういう人ってあまりいない。
今かかってる映画『ぐるりのこと』に宮崎勤事件風の法廷シーンがあるので、宣伝効果がミナ期待ゾーマ。三谷のマジックアワーを倒せー!うー。
『ジュノ』とぐるりは観たいぜ。『REC』は必見だ!(未見だけど)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。