r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2008年

05月05日

(月曜日)

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

狡猾鬼軍曹山師vsか弱い強欲牧師。石油と宗教を巡って大ケンカの158分。
鬼軍曹のキレキャラに採掘所での大小の事故、牧師による爆笑コント集(『ボラット』的)、スパイス程度のグロシーンで興奮と緊張感が全編にわたり時間の長さは感じません。
最近サウスパークばかり見てる所為か、同じノリに感じました。ブラックコメディ・ホラーです。
広告で狂気、欲望、破滅を全面に出してますが、結構普通でそんなに狂ってはいないと思います。昔から知ってるどうでもいいバカが金目当てで擦り寄ってくれば、偽善丸出しプライドズタズタ返り討ちは当然だし、いい歳の子供が聞き分けのないこと言い出したら勘当されてもしょうがない。
そんな事より、いくら自分の信念を押し通し大富豪になっても、人からは不幸そうに映ってしまう不条理さが際立っておりました。
あと「他人の偽善を攻撃するのは自分の中の偽善を認識すること」を実行し自己嫌悪になるのはしんどい。攻撃を仕向けてきた相手を恨んで済めばどんなにいいか。
不条理の無限ループ。まさに『不幸論@中島義道』。
『ノーカントリー』同様、登場人物の感情が説明臭くなくてよかったです。音楽もカッコイイ。
こんな笑える映画なのに、シケた観客ばかりでした。おまけにエンドロール開始直後退場。まったくおサムイ世の中ダゼ。

↓コントの1コマ(サントラジャケ)
pta00.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア