r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2008年

02月26日

(火曜日)

ワンフェス+切株派決起集会

土曜はスノーボード。
日曜日はワンフェスと新宿LOFTプラスワンのイベントに行ってきました。
ワンフェスは栄螺鬼(さざえおに)に心を奪われましたが、買ってません。予定通りヤモリの根付を買いました。
そんで新宿行って、テキサスチェーンソー・ビギニングのレザーフェイスフィギュアを買いました。
LOFTプラスワンは初めてでイベント始まるまでおっかなびっくりだったのですが、メチャクチャ笑いました。
『ショック!残酷!切株映画の世界』出版記念!切株派決起集会スペシャル 血肉のはらわた」という催しで、この日のために特別編集された素晴らしい極上切株映像がバンバン流れ、その道のプロの方々が楽しい話をしてくれるという素晴らしい内容で4時間ウキウキしっぱなしでした。受け取ったメッセージ&(勝手な)解釈を記憶が辿れるうちにちょっと書いてみます。間違いも有ると思います。つーか全部間違いでいいです。


・オーメンの首チョンパは素晴らしい
・走馬灯シーンはポイントが絞れてないと最高に面白い
・食人族は捌いたあとすぐ肉を口にする。もっと調理したりバナナの葉でくるんだりして欲しい
・フルチはゆったりかつ執拗な残酷描写ばかりでなんかおかしい
・胴体真っ二つで死ぬとしても最後にパンチラが見れれば男は幸せだ
・日本でコックリさんをやるとハムナプトラみたいな現象が起こる
・もうどんな切株映画にもケチをつけないことにした
・悪い事するのは大体聖職者
・映画の歴史は切株の歴史といっても過言ではない
・インディ・ジョーンズとランボーの新作は超切株
・血のりは4トン使った
・ゾンビ化したりゾンビに殺されるときは体が柔らかくなる
・フィースト(3月公開)の日本版予告篇が面白すぎる
・アンチ切株派に殺人とか死体が好きなのかと聞かれたら、じゃあ海賊とか大災害が好きなのかと聞き返せ
・コックリさん(日本版)はいい映画
・ディック・スミス、サヴィーニの子供向けメイクHOWTO本は偉大だけど、やりすぎだ
・ナチはカッコイイ
・「この人ゾンビ3にも出てた」が合言葉
・二言目にはゾンビ3
・オーメンの首チョンパは何回でも見れる
・実際に海賊に遭ったらすげー殺される
・アメリカは切株に障害者を使える団体があるので、日本もそういう団体があればいいのに
・膝下がない切株はガンタンクみたいで大好きだ
・オーメンの首チョンパは本当に素晴らしい
・ミュンヘンのオンナスパイ裸弾着表現は誰もやらなかったので素晴らしい
・スピルバーグは完全にあたまがおかしい
・宇宙戦争の切株100体川流しは専属スタッフがいた
・切株=ホラーじゃない
・ナチはカッコイイ
・健康な若者は全員死ねばいいのに
・途中退場したやつは死ねばいいのに

『ショック!残酷!切株映画の世界』は最初のカラーページが超面白いので立ち読みしてみて笑えたら買うべきです。これが売れないと予定されてる2発目が出せないようです。
最近良い本が出すぎで全然読み切れません。まず角川ホラー「マタンゴ 最後の逆襲」をやっつけ中。あのマタンゴの続編で半分くらい読み終わりましたが、近未来の話なのにあの陰気な世界観が壊れてない!今度は宇宙だ!もう映画やれ!"最後の"っていうことは「新マタンゴ」もあるはずだ!

022500.jpg

コメント

ナチはかっこいい。

イルザ様はステキ。

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア