r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

02月23日

(土曜日)

隣の家の少女

ジャック・ケッチャムの翻訳されてる8作品の中でも一番"キテル"本の映画化です(二番目にキテル『黒い夏』もDVDがもうすぐ出ます)。
観て随分経ったけど、すっかり書き忘れてたので誰もキョーミないと思いますが書きます。
お話は「女子高生コンクリ殺人事件」の主犯がおばはんでした、てへッ、ごめんちゃい(苦笑)
といった内容で、何の準備もなしにこんなビデオを見たらしばらく落ちて悩みかねないです。でも私は「コンクリ事件/壊れたセンブンティーン達(?)」のビデオをすでに見てるのでへっちゃらです(日本人がやると生々しさが!)。
英語字幕すら無くチンプンカンプンかと思いましたが、主人公が「ホステル」級の復讐行為(vengeance)に出るラスト以外はほぼ原作通りなので、楽しめました(楽しくはない)。
ショッキングな直接的描写がない分、まったく笑えない作りになっとります。事態は深刻です。序盤、悪ガキによる蟻がわんさかいるところに生きてるミミズを落とす遊びや、害虫駆除という大儀で毛虫の塊に火を放つ場面があるのですが、「いい年こいて人間とそれ以外の生き物の差とか考えて悩んでんじゃねーぞ、コラ!」とケッチャム(原作者)に言われているようでハッさせられました。 すぐ地球レベルでモノを考える人は身近なとこの問題に全然目を向けれないんだろーね、と思いました。
虐待受けて死んじゃう人より、それを知ってて何もできなかった人はよりツライし、それを見せられる客が一番ツライので、しばらく落ちて記憶が薄らいだ頃に何かのあまり役に立たないところのレベルが上がってる気がします。ちなみに完全不意打ちでモロ落ち込んだのは『グリーン・マイル』。最近観た良作邦画ホラー『叫』もキツかった。『パンズ・ラビリンス』も相当キツイ、というよりあれはマズイ。ラストは叫びたくなるのです。


gnd1.jpg
「助けたいけど、僕にはできることが少なすぎる...」


gnd2.jpg
これもスゴイシーンですが、この後がマジ最悪なんですよ...


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。