r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2008年

01月14日

(月曜日)

邦画を2本

「ピューと吹く!ジャガー the movie」を観ました。原作の漫画がモンスター級なので、やっぱり全然違うアプローチ。
予想以上のはっちゃけっぷりでアッという間に終わってしまいました。滑るの覚悟で笑わせにくるのが素晴らしいです。ユーモアとお笑いは別物。ユーモアは知的なだけで滑らない(ズルイ)。滑ったってかんけーねー感がその辺のこぢんまりしてるショボイ知的ぶってる映画とは全然違います。超オフェンシヴ。だから原作の設定を無視し、伏線も全然回収しません。スゴイ勇気です。伊達に原作者がカメオ出演してません(しかも結構ヒドイ役)。
無意味なバイオレンス描写とポカーンなミュージカル部分があるのですが、ただのお客さんへのサービスなんだと思います。もしくは予算と日数が余ったとか。ああいうバランスの取り方もあるんだなぁと感心しました。

何はともあれ、人間ていいな~、生きているって楽しいな~と余韻に浸れることうけあい。ここ日本ではダメ人間でも全然生きていけるのです!YAH!

で、超一般受けしているけど、一部では面白いくらいメタメタに攻撃されている「キサラギ」も観ました。
クソでした。もう趣味が違うだの好みの問題とかいってらんないくらい酷い!膨大な伏線のはり方、物語が破綻するありえないソレの回収、バカにされてるのです。デスノートの「ジェバンニOne Night事件」、ブリーチの「限定解除事件」並です。
これを面白いとかいってる人に限って、超道徳的拷問殺人クラブ絵巻「ホステル」を"御都合主義"だとかというんだと思う。悲しいです。
何はともあれ、最悪です。やっぱりこの世は地獄です。

★テーマ:今日観た映画 - ☆ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア